[ホーム] [企業情報・公告] [旅行業約款] [特商法表記] [ダウンロード] [リンク] [お問合せ]
新着カレンダー
前月2017年 12月翌月
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

ニュース ニュース  
ご案内 ご案内  
航空券 航空券  
ブログ ブログ  

アルバムトップ : 華北・東北 : 邯鄲 : 


並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (新→旧)

1 番〜 3 番を表示 (全 3 枚)



叢台公園

叢台公園高ヒット
作成者:staff_t     ヒット数:12052  
叢台公園は邯鄲市のもっとも大きい公園で市民の憩いの場でもあるが、歴史は古く伝説によると戦国時代の趙武霊王の時代で2000年程前に造られたことになる。公園には大きな池があり、その池と広場を見下ろすように煉瓦造りの城壁(台)の上に楼閣が建っている。戦国の七雄と言われた強国の趙の武霊王が軍事訓練等を閲覧するための台だったと言われ、台の上には清の乾隆帝皇帝と郭沫若がかつて叢台に登ったときに書かれた詩文が残されている。高さは7m、東西の長さ60m、南北の幅22mととても壮観な台である。
緯度 : 36.61552763 / 経度 : 114.45556641 / ズーム : 6

 


響堂山石窟

響堂山石窟高ヒット
作成者:staff_t     ヒット数:12520  
響堂山石窟は邯鄲市街地の郊外60kmのところにある鼓山の麓にある石窟で、鼓山の中部の麓にあるのが北響堂山石窟、鼓山の南麓にあるのが南響堂山石窟で15km離れている。北斉時代(550〜577)に掘られた石窟であり、当時北斉の都だった太原と鄴城を結ぶ途中に位置していた。重要な石窟の一つではあるが、戦争時には日本軍の司令部が置かれたりしたこともあり、交戦でかなり破壊されてしまっている。
緯度 : 36.61552763 / 経度 : 114.47753906 / ズーム : 6

 


邯鄲の夢 呂仙祠

邯鄲の夢 呂仙祠高ヒット
作成者:staff_t     ヒット数:10914  
「邯鄲の夢」は中国の有名な故事成語。 唐の時代に蘆生という若者が科挙の試験に赴く途中、邯鄲の北にある道士の呂翁の小屋で休ませてもらったことがあった。 人生を嘆いていた蘆生ではあったが、呂翁の差し出す青磁の枕に横たわって休ませてもらった。 その後、蘆生は名家の妻を娶り、科挙に合格し、地方役人に就任した後、中央官僚にまで登りつめた。 一度左遷されたが、三年後呼び戻され大臣に就任。 その後讒言によって牢獄に追いやられて自殺しようとするが、妻に止められ地方へ流された。 数年後、無実の罪とわかり天子に呼び戻され、長官の位に就き、5人の子供も出世して十数人の孫もでき、人も羨む人生を送った。 そんな蘆生だが80歳を越してとうとう病死してしまう。 死んだと思ったとたん、ふと目が覚めた。 蘆生は呂翁の青磁の枕で夢を見ていた。 波乱万丈の人生も、呂翁が蘆生のために作ってくれた粟ご飯が炊き上がるまでに僅かな時間でしかなかった。 人生とはそんなものだと悟った。  この故事が生まれたのが邯鄲の地で黄梁夢呂仙祠と言われている。
緯度 : 36.59788913 / 経度 : 114.45556641 / ズーム : 6

 


1 番〜 3 番を表示 (全 3 枚)



中国ピックアップ画像
霊隠寺
ミャンマーピックアップ画像
アーナンダ寺院
中国国内線手配
トラベル中国語講座
Google Search
Google

WWW 検索
サイト内検索
株式会社チャイナボックス © 2007-2012 chinabox.co.jp