[ホーム] [企業情報・公告] [旅行業約款] [特商法表記] [ダウンロード] [リンク] [お問合せ]
新着カレンダー
前月2017年 12月翌月
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

ニュース ニュース  
ご案内 ご案内  
航空券 航空券  
ブログ ブログ  

アルバムトップ : 華北・東北 : 太原・天龍山石窟 : 


並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (新→旧)

1 番〜 3 番を表示 (全 3 枚)



天龍山石窟

天龍山石窟高ヒット
作成者:staff_t     ヒット数:10956  
天龍山石窟は太原市の西南40km。晋祠の裏から山に入り山道を西に向かって走った標高1700mのところにある。ここは北斉皇帝が避暑にも利用していた場所とも言われる。石窟は東魏(534〜550)から隋・唐代まで継続して彫られ、東西の二つの峰に分散して計27窟が現存していると言われている。冬季は雪で道が凍結して通れない場合もあるので注意。
緯度 : 37.73814128 / 経度 : 112.38567352 / ズーム : 9

 


晋祠

晋祠高ヒット
作成者:staff_t     ヒット数:10241  
太原の南西25kmの郊外。車で30分。太原で最も有名な文化財。晋祠の創建ははっきりしておらず、周の武王の次男で晋国の王となった姫虞が建てたと言われており、唐叔虞祠とも言う。晋祠の中で現存する最も古い建物は聖母殿で、北宋天聖年間(1023〜1032)の創建言われ、その柱の龍の彫刻など建物自体も芸術的に価値がある。敷地内には千年以上の樹齢を持つ臥龍周柏などがあり歴史を感じさせてくれる。
緯度 : 37.70555349 / 経度 : 112.45124817 / ズーム : 9

 


双塔寺

双塔寺高ヒット
作成者:staff_t     ヒット数:8919  
太原市の東南に位置し太原駅裏の商店街を抜けて細道に入りくねくねと10分ほど走ると二つの塔が見える。明代1608年当時の高僧、佛登和上により寺廟と双塔が建立された。この双塔は太原のシンボルになっており、八角形13層で高さ54mの塔が二つ並んで聳える景色は印象深く残る。また寺院の庭には牡丹園があり4月には見ごろを迎える。
緯度 : 37.84747700 / 経度 : 112.59625912 / ズーム : 12

 


1 番〜 3 番を表示 (全 3 枚)



中国ピックアップ画像
瀋陽故宮
ミャンマーピックアップ画像
タビィニュ寺院
中国国内線手配
トラベル中国語講座
Google Search
Google

WWW 検索
サイト内検索
株式会社チャイナボックス © 2007-2012 chinabox.co.jp