[ホーム] [企業情報・公告] [旅行業約款] [特商法表記] [ダウンロード] [リンク] [お問合せ]
新着カレンダー
前月2017年 12月翌月
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

ニュース ニュース  
ご案内 ご案内  
航空券 航空券  
ブログ ブログ  

アルバムトップ : 華南・西南 : 開平 : 


並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (新→旧)

1 番〜 3 番を表示 (全 3 枚)



開平碉楼群

開平碉楼群高ヒット
作成者:staff_t     ヒット数:9469  
明朝後期から華僑が海外へ行き成功するものも出てきた。開平碉楼は20世紀初頭から華僑が築いた中国と西欧の建築技術が融合させた邸宅であり、現存するだけでも1833の碉楼がある。 その特徴は盗賊から身を守る設備がどの碉楼にもあること。鉄砲を打つための窓や襲われた際の各階ごとの扉、一階には使用人の部屋を置き高い所に主人の部屋を置き、上の部屋に食料の貯蔵場所や調理場を設けたりの工夫がされてる。開平碉楼は一ヶ所に固まっているのではなく、開平の街に散在している。世界遺産に登録されたのは自力村碉楼群、立園、赤坎鎮、馬降龍碉楼群。
緯度 : 22.35769636 / 経度 : 112.58789063 / ズーム : 10

 


立園

立園高ヒット
作成者:staff_t     ヒット数:10136  
立園はアメリカの華僑である謝維立さんが1936年から十年がかりで建設した個人邸宅。いくつもの西欧風の楼閣や庭園、そして庭園内に引き込まれた人工の河。開平には華僑によって建てられた建物が数多くあるが豪華さでは勝るものは無い。ただここも他の建物同様に襲撃を受けた場合に備えて建物の地下に通路が作られ人工に引かれた河から船で逃げる手段が準備されている。華僑らの当時の苦労が伺える。
緯度 : 22.39166623 / 経度 : 112.56145477 / ズーム : 12

 


赤坎鎮

赤坎鎮高ヒット
作成者:staff_t     ヒット数:9450  
赤坎鎮は清代に建設され350年の歴史を持つ古村。現在の建物の多くは19世紀末〜20世紀初旬に華僑によって建設された。ここは河畔にそって600近い家が建ち並んでいるのが特徴である。どちらかというと西欧風の感じの概観であるが、住んでいる人々は他の中国人と比べて垢抜けている様子も無い。世界遺産に登録されても有名でないためなのか観光地化しておらず街自体は庶民的な感じがする。
緯度 : 22.32022464 / 経度 : 112.58892059 / ズーム : 10

 


1 番〜 3 番を表示 (全 3 枚)



中国ピックアップ画像
双塔寺
ミャンマーピックアップ画像
チャウッタージー・パゴダ
中国国内線手配
トラベル中国語講座
Google Search
Google

WWW 検索
サイト内検索
株式会社チャイナボックス © 2007-2012 chinabox.co.jp