明・清王朝の皇帝墓群
〔世界遺産登録〕2000年、2003年拡大、2004年追加
〔位置・交通手段〕所在地:南京、北京郊外、瀋陽、河北省、湖北省に分散している。
〔その他情報〕北京の明の十三陵、南京の孝陵(明孝陵)、瀋陽北陵などは観光地としても訪れるが、これらを含めた明・清代の皇帝陵墓群をすべて含めて世界遺産に登録された。いずれも当時の権力の大きさを象徴する立派な陵墓である。
明・清王朝の皇帝陵墓の魅力
皇帝の墓は陵と呼ばれるが、明・清時代の陵墓は規模も大きく、その建築群や神路(参道)の彫刻群、美しい碑楼、地下宮殿などいずれも芸術性の高いものである。それぞれが離れているため一度に見学することはできない。

明の十三陵・・・北京市昌平県の天寿山麓に点在する明時代の皇帝の陵墓。明の三代目皇帝の永楽帝が南京から北京に都を移した後の13人の皇帝の陵墓であり、その永楽帝(成祖)の陵墓・長陵と、神宗帝の定陵の二ヶ所だけ観光客が見学できるようになっている。特に地下宮殿にまで入ることができる定陵には毎日多くの人が訪れる。この明の十三陵に入るところに神路(参道)があり文官や武官、麒麟や象などの石の彫刻が並んでいる。 現在は入場券が別になっており、また時間がかかるので省かれることが多いが見る価値は高い。
明の孝陵・・・南京市の紫金山南麓にある明時代を開いた朱元璋とその皇后の陵。静かな参道を抜け、陵墓の前に築かれた煉瓦造りのずっしりとした楼門は印象深い。
明の顕陵・・・武漢から北西に120kmほどの湖北省鐘祥市に築かれた明の世宗の父親と母親の陵墓。40年の歳月をかけて完成させたもので、周辺の自然に調和した芸術性の高い建築群という。
清の東陵・・・河北省遵化県にある清代の皇帝の陵墓で、歴史的にも有名な康熙帝(景陵)、乾隆帝(裕陵)、順治帝(孝陵)など5人の皇帝の陵墓と5人の皇后陵、及び子女らの陵がある。天津から高速道路で2時間程度、北京からも同じく3時間程度と近いため訪れやすい。6kmにおよぶ神路や立派な牌楼、朱塗の楼閣に地下宮殿など見所は多い。地下宮殿は明の十三陵より小さいが彫刻が施されたりしている。また西太后の陵墓となる隆恩殿前の石彫では龍と鳳凰の彫刻が通常と逆で鳳凰が上に掘られているということで話題性がある。 清の西陵・・・河北省易県にある清代の皇帝の陵墓で、雍正帝(泰陵)、光緒帝(崇陵)ら4人の皇帝の陵墓と3人の皇后陵、及び子女らの陵がある。清の東陵と同様に立派なものであるが、北京の南の高碑店市の西へ一般道を50km以上走らねばならず、距離の割りには時間がかかる不便な場所である。最後の皇帝・溥儀の墓は西陵内には無く、西陵の隣に新しくできた民間墓地に民間の資金によって小さな墓が建てられた。
福陵・昭陵・永陵・・・瀋陽の郊外に位置する清の初代皇帝、二代目皇帝の陵墓。福陵は初代皇帝・ヌルハチの陵墓で東陵と呼ばれている。 昭陵は二代目皇帝・ホンタイジの陵墓で北陵と一般的には呼ばれ、この三つの陵墓の中では最大で、現在は北陵公園として多くの観光客も訪れる。 永陵は初代皇帝ヌルハチの父親や祖父や叔父らの陵墓で最も遠く、瀋陽から東へ100km程離れた郊外にある。

株式会社チャイナボックス