平遥古城

〔世界遺産登録〕1997年
〔位置・交通手段〕所在地:山西省平遥県。
山西省中部に位置し、太原市から高速道路で南下して車で2時間足らず。 
〔その他情報〕近くに良いホテルが無いため、太原に宿泊して平遥へは日帰り観光にする場合が多い。
じっくり見学したい人には時間が足りないので施設は良くないが平遥周辺で宿泊した方が良い。
平遥の魅力
平遥は、古くは紀元前の西周時代からの起源を持ち、城壁で囲まれた街並は明・清代に築かれ、現在もその当時の面影を色濃く残している。本来、中国の街はほとんどが城壁で囲まれていましたが今ではほとんどが撤去されてしまい、城壁が完全に残っているのは、有名なところで西安や湖南省の荊州とこの平遥などと数少い。 この街の魅力は、古い街並みと新しい街並みが混在するのではなく、新しい街は城壁の外側に広がり、城壁の中は昔ながらの古い街並みが残り、それをそのまま世界遺産として保護している。 城内の中心的な通りである「南大街」には銀行の起源といわれる為替商「日昇昌」や造り酒屋「長昇源」、中心部に立つ「市楼」などがあり、またその周辺には当時の役場だった「県衛」、現在は博物館のようになっている「清虚観」や四合院の建築様式を残す民居などが点在する。
周辺の見所
平遥:双林寺・護国寺[平遥古城と一緒に世界遺産に登録されている。近く。]
平遥〜太原の間:喬家大院 汾酒工場
太原:晋祠、玄中寺〔浄土宗の古刹〕双塔寺〔太原市内〕
少し離れて・・・五台山:〔車で約4時間〕
大同雲崗石窟:〔車で約6時間〕
王県木塔:〔車で約4時間〕

株式会社チャイナボックス